11/26きょうだいイベント開催!
0

    11/26(土)に亀有できょうだい(障害や難病のある方の兄弟姉妹の立場の方)のイベントを開催します。
    きょうだいならではの悩みや笑い話を気軽な雰囲気で話し合えるような機会にしたいと考えています。
    前半に僕も含めた数名のきょうだいの方のお話を伺い、後半は会場の皆さんでお茶菓子をつまみながらフリートークという流れになっています。
    「同じきょうだいの立場の人と話をしてみたい」「つながりを作りたい」、また「きょうだいの立場ではないけど話を聴いてみたい」という方も大歓迎です。

    《きょうだいの気持ちを聴く》
    【日時】11/26(土)13:00〜16:00
    【場所】亀有地区センター 第1会議室
    (JR亀有駅南口すぐリリオ7階)
    【参加方法】申込不要・入場無料(直接会場へお越しください)
    【主催】東堀切くすのき園家族会・葛飾区教育委員会

    皆様のご来場お待ちしております!^_^
    | 赤 正和 | - | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    亀有
    0
      10/2に亀有で上映会&トークショーを行いました。
      僕の職場・利用者さんの家族会と葛飾区教育委員会共催で開催しました。 おかげさまで70名ほどのお客さんにお越しいただきました。池谷先生も足を運んでくださりコメントをいただきました。 上映会後のトークショーでは、妹がお世話になっていたアトリエ・ART LAB OVAの蔭山ヅルさんをお招きして、お話させていただきました。
      オーバさんには絵を教えるような先生はおらず、用意してある画材から好きなように作品を作れるような場所です。妹は小学生の頃からオーバさんにお世話になっていて、不登校になった後もオーバさんには自分から通い続けていました。蔭山さんのことをすごく慕っていて、福岡に引っ越してからも作品や手紙を送り続けていました。 今回はトーク中に一番最近送られてきた作品を見せてもらいました。 作品といっても、ガチャポンでダブった要らないものとか、知らん人の生年月日とか、空想上の人物の名前が羅列された紙とか、そんなんがほとんどなのですが…。 その中で気になるものがいくつか。 まるで「ちづる」のクレジットみたいです。 「仲間」という言葉はこの他の作品にも使われており、なんだか意味深。蔭山さんは「神奈川県」にいる妹にとっての大切な「仲間」ということなのでしょうか?
      なんかゾッとしました。あとで池谷先生からは「レシート貼ってあるから、もう用済みって意味じゃねぇの(笑)」と。(^_^;)

      そんな感じで妹のミステリアスな話をしたり、蔭山さんから見た我が家の話を伺ったり、きょうだいの話になったりして、気楽な雰囲気でトークさせていただきました。 会場には障害のことをよく知らない方もいらっしゃったようなので、堅苦しい話よりも色んなエピソードをご紹介できたのでよかったかな〜と思いました。
      ご協力いただいた皆様、そして蔭山さん、本当にありがとうございました!
      次回の上映会&講演は11/20に新潟県燕市で行われます。
      それではまた〜☆
      | 赤 正和 | - | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      10/2(日)亀有上映会&トークショー!
      0
        10/2(日)に亀有で上映会&トークショーを行います。
        主催は僕の職場と葛飾区教育委員会です。




        上映後のトークショーでは、妹が小学生の頃からお世話になっていたアトリエ「ART LAB OVA」代表の蔭山ヅルさんをゲストにお迎えして対談させていただきます。妹は福岡に引っ越してから今もオーバさんとのつながりをとても大切にしていて、家族共々長くお付き合いさせていただいています。
        横浜で劇場公開したときはオーバさんに妹の作品展を開いていただきました。
        今回、僕から家族としての思いをお話して、蔭山さんにはオーバさんでどんなことを思いながら妹と接してくださっていたのかをお伺いしたいと思っています。
        オーバさんの活動もとても奥深いので、 ぜひお越しください。
        皆様のご来場お待ちしております。


        【日時】
        10/2(日)13:00〜16:00 (12:30開場)
        【場所】
        亀有地区センター ホール(JR亀有駅前アリオ7階)
        【その他】
        ・無料
        ・日本語字幕付き、トークショー通訳有り
        【お申し込み】
        お申し込み窓口「しょうぶコールセンター」年中無休 8:00〜20:00
        03-6758-2222
        お申し込み期間9/1(木)〜9/23(金)

        【お問い合わせ先】
        葛飾区教育委員会事務局 生涯学習課 担当:宮田
        平日9:00〜17:00
        03-5654-8476
        | 赤 正和 | - | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        田隈
        0
          昨日7/1は福岡市早良区田隈で上映会&トークがありました。
          今回は田隈校区人権尊重推進協議会の方が主催で企画していただきました。
          上映会前に職員の方が手打ちそばをふるまってくださいました。わざわざ長野から良いそば粉を取り寄せてくださったそうで感動しました。

          めちゃくちゃ美味しかったです!手打ちそばの趣味ってイイなぁと思いました。ごちそうさまでした!

          上映会は金曜日の夕方からだったのですが、160名ものお客さんがお越しくださいました。地域住民の方や教職員・保育士の方もいらっしゃいました。
          上映会後に研修部長の斉藤さんと対談させていただきました。

          会場に入りきれなかった方は隣の部屋で同時上映&中継をご覧いただきました。こんな形もできるんだ!と驚きました。

          対談は、穏やかな雰囲気で話される斉藤さんのお人柄もあって、和やかな雰囲気で進みました。人前で話すことは今も慣れず緊張しますが、やっぱり一人で講演よりも対談の方がリラックスできて良いです。

          終了後出口で挨拶していると、お客さんの中に、妹がお世話になっているヘルパーさんがいらっしゃって、はじめてお会いすることができました。
          それから、あるおばあさんが「私は早くに母を亡くしたからね。やっぱり、お母さんがいるってのはいいわね」と、しみじみと優しい語り口でお話してくださったことがなんだか心に残りました。

          とても良い1日でした。田隈校区人権尊重推進協議会のみなさま、ありがとうございました!


          夜は実家に泊まりました。
          妹は僕が帰るのを嫌がるので、母はあえて予定を知らせていませんでした。

          今朝、部屋の扉を開けていつものようにバナナが起こしにくるのを待っていると、人間の足音が…。
          ふと見上げると妹と目が合ってしまい、まるでおばけかゴキブリを見たかのような顔をして自分の部屋に戻って行きました。
          僕も慌てて「あわわ、ごめん」と思いましたが、しばらくして「はて、なんでおれがこんな気を遣わなきゃならんのだ?」と…。
          そんなわけで、バナナともっと遊びたかったですが、母から「ちーが部屋から出てこれないから昼間はどっか行ってて」と言われ、今外でこれを書いています。^_^;

          次回の上映会&講演会は10月に葛飾区で予定されています。詳細が決まったらまたご案内したいと思います。
          それではまた〜☆
          | 赤 正和 | - | 13:15 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          小田原
          0
            今日は小田原で上映会&講演会がありました。
            昨年11月の横浜での上映会がご縁で、社会福祉法人明星会の方が職員さんと利用者の方のご家族との合同の研修会での上映を企画してくださいました。
            会場の竹の子学園は名前通り竹林に囲まれた自然豊かな場所でした。

            上映会前に寮や作業室を見学させていただきましたが、親御さんが利用者の方と時間まで一緒にのんびり過ごされていて、なんだかイイなぁと思いました。
            今回は職員の方80名、ご家族の方40名で約120名の方にご覧いただきました。

            質疑応答で、「制作の中で、自分自身も障害のある方に対する差別の目を持っていることに気づかれたそうですが、今はどのような気持ちで仕事をしていますか?」と職員の方からご質問をいただきました。
            今もきっと持っていて、いつも自分に一人の人として向き合えているか問いながら仕事をしています、とお答えしました。
            当時はショックでしかたありませんでしたが、今はそういう自分を受け入れて、変わりたいからこの仕事を続けていられるのかなと思っています。
            いろんな人と関わらせていただきながら、障害がどうとかこうとか思わず忘れちゃうような瞬間にどんどん出会いたいと願っています。
            明星会の皆さま、利用者の方のご家族の皆さま、ありがとうございました!

            次回の上映会&トークは7/1福岡で行われます。
            それではまた〜☆
            | 赤 正和 | - | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            明治大学ジェンダーセンター
            0
              6/21は明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター主催で上映会&トークがありました。
              学生さんだけでなく様々な立場の方もお越しいただき、約80名の方にご覧いただきました。
              今回の上映会を企画していただいた方のご家族は我が家とよく似ていて、お父さまが早くに亡くなり、息子さんとその妹で不登校を経験された自閉症の娘さんがいらっしゃいます。上映後、その娘さんがマイクでご感想をお聞かせくださいました。
              ご感想の中で、「(不登校でひきこもりの当時)いつか誰かが私と母を救ってくれると思っていましたが、わかったことは変わらないことは変わらないということでした」というお話が印象的でした。
              現在は良いスタッフさんのいる施設に出会って穏やかな生活を過ごされているそうです。
              映画の中の妹の姿に、どこか自分自身を重ね合わせながらご覧いただいたのかなと思いました。

              上映後のトークは、明治大学教授で、最新作「FAKE」が絶賛上映中の森達也監督とお話させていただきました。


              緊張のあまり自分が何をお話したのか、記憶がありません…(°_°)
              覚えているのは、森監督の「ドキュメンタリーは、カメラが介入することによるその人の変化を捉えている」「一人称で作ることが大切」というお話でした。
              カメラを構えている「私」と映されている「あなた」の関係性が作品にそのまま表れるのだなと思い勉強になりました。

              質疑応答の時間もたくさん手が挙がって(相変わらずしどろもどろでしたが^_^;)ありがたく思いました。
              ジェンダーセンターの皆さま、森監督、ありがとうございました!

              今日はこれから小田原で上映会&講演会があります。
              それではまた☆
              | 赤 正和 | - | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              八千代市
              0
                3/19は千葉県八千代市で上映会&講演会がありました。
                八千代市にある福祉施設が一緒に活動している八千代市福祉ネットワークの皆様と、八千代市の共催で企画していただきました。
                200名ほどのお客さんにお越しいただきました。上映会場の前には福祉作業所等の販売コーナーが並び活気がありました。

                僕も千葉県民なので家から会場まではすぐでした^_^
                また、妻が働いている県内の塾で教えている生徒さんとそのご家族の方も何人かお越しくださり、ありがたく思いました。
                八千代市・八千代市福祉ネットワークの皆様、ありがとうございました!

                次回の上映会は4/3東村山市で行われます。
                4/2は自閉症啓発デーということで、「ちづる」の上映を企画していただきました。
                また、広島でも4/2に上映していただくことになっています。

                自閉症啓発デーは青いものを身につけるそうです。皆様もぜひ^_^
                それではまた〜☆
                | 赤 正和 | - | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                あざみ野
                0
                  今日はあざみ野で上映会&講演会がありました。
                  会場に向かう途中、河津桜が咲いていました。気づけばもう春なんですねぇ〜

                  今回の上映は4つの社会福祉法人が共催で、来年度現場で働く新任職員の方の研修プログラムの1つとして企画していただきました。
                  お疲れのところ37名の方にご覧いただきました。

                  会場に入った途端、空気がピリッとしました。スーツを着た皆さんが緊張の面持ちで背筋をピンと伸ばしてこちらを見つめています。
                  3日間の研修で「ちづる」以外は、ビジネスマナー講師、医療関係者、大学教授等の様々な専門家の方々の講演があったので、緊張されていたのだろうな〜^_^; 初めての雰囲気にこちらの方がガチガチに緊張してしまいました。
                  3日間盛り沢山の研修プログラムの中の最後のプログラム。きっと皆さんぐったりされているだろうなぁと思っていましたが、講演の間も真剣に聴いてくださりありがたく思いました。

                  講演後の質疑応答で、
                  「私にも障害を持った弟がいます。
                  障害を持った方があらゆる人と同等の立場で社会に参加するためにはどうしたらいいと思いますか?」
                  というご質問を受け、ギクッとしました。(°_°)
                  しどろもどろでお答えしましたが、簡単に言うと、
                  「僕もそのことについてずっと考えていましたが、社会の認識を今すぐに大きく変えることはなかなか難しいと感じました。
                  でも色んな方に映画をご覧いただいたり、福祉の現場で働いたりする中で感じたのは、今まで福祉や障害について知らなかったけど一度きっかけがあれば自然に受け入れられる感度の良い方が一定数必ずいるということです。
                  一概には言えませんが、そういった方は、長年福祉をやっている人よりも、よりフラットに付き合っている人が多いような印象があります。
                  福祉とは違うバックグラウンドを活かして当事者の方の生活を豊かにしている人も何人か知っています。特にアート関係の人は当事者の方と共感し合えることが多そうだなと見ていて感じます。
                  福祉の人だけで頑張るのではなくて、その少し外側にいる人たちとつながって当事者の方との良い出会いを増やしていく。そうして少しずつ世の中が変わっていく。それが今できることかなと考えています。」
                  そんなようなことをお話しました。
                  それは仕事を始めてすぐの頃からずっと思っていたことでした。
                  もし5年前の自分から
                  「あれからお前は何をしていた?それは実現できたのか?」
                  と問われたら、うまく答えられるか正直あまり自信はありません。
                  でも初心を忘れず、これからもがんばろうと改めて思いました。
                  そして、きっと違う場所で若い世代の素敵な方たちも頑張っている、そういう希望を忘れないでいようと思いました。
                  試行会、和枝福祉会、くるみ会、杜の会の皆さま、ありがとうございました!そして新任職員の皆さま、研修おつかれさまでした!

                  次回の上映会&講演会は3/19千葉県八千代市で行われます。
                  それではまた☆
                  | 赤 正和 | - | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  八王子
                  0
                    今日は八王子市で上映会&講演会がありました。
                    僕の職場と同じ法人の八王子市心身障害者福祉センターが主催の福祉映画会で上映してくださいました。
                    実は2年前も上映していただいたのですが、当時はまだ日本語字幕付きのDVDがなくて聴覚障害をお持ちのお客さんから「ぜひ日本語字幕版を!」というお声をいただいていました。
                    その後日本語字幕付きのDVDが発売されて、今回再び上映会を企画してくださって感激しました。
                    本日50名程お越しいただきましたが、前回もお越しいただいた方がかなりいらっしゃったそうです。

                    あるお客さんが観終わった後「字幕があると内容がよくわかっていいね」と笑顔で話しかけてくださって、本当に良かったと思いました。
                    作品を楽しみに待ってくださった方に感謝の思いでいっぱいです。
                    素晴らしい機会を与えていただいた、八王子市心身障害者福祉センターの皆さま、ありがとうございました!

                    次回の上映会&講演会は、3/4に横浜にある福祉施設の新任職員研修で行われます。ドキドキ…^_^;
                    それではまた〜☆
                    | 赤 正和 | - | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    三条市
                    0
                      今日は新潟県三条市で上映会&講演会がありました。
                      以前三条市で上映会があったときに観てくださった方が今回の企画をしてくださいました。前回と全く同じ会場でまた上映会をしていただいて、感慨深い気持ちになりました。

                      約100名の方にお越しいただき、お子さんからお孫さんのいる世代の方まで様々な方にご覧いただけて嬉しく思いました。
                      上映会が終わった後、「ちーが学校行っていた頃教師をしていた者です」と声をかけてくださった方がいました。横浜にいた頃に予定が合わなくて観れなくて、数年前新潟の長岡に引っ越されて今日観に来れたそうです。「ちーが相変わらず元気そうだったのでよかったです」と笑顔で言ってくださいました。不思議なご縁だなァと思いましたし、十年以上前の生徒のことをまだ覚えていてくださってわざわざ足を運んでくださる先生がいて、本当に妹は幸せ者だなと思いました。
                      良いご縁に恵まれた上映会になりました。
                      三条市教育委員会子どもの育ちサポートセンターの皆さま、ありがとうございました!
                      お見送りのときに三条名物車麩とカレーラーメンのオススメを教えていただき、早速お土産屋でゲットしました^_^今から楽しみです。


                      先日ブログでお知らせした2/11の講演会、約20名の方にお越しいただきとても良い会になりました。
                      1部の大野さんのご講演では聴く人が勇気をもらえる素晴らしいお話をお聞かせいただき、そのままの熱気で2部の指談体験も盛り上がりました。会場にお越しの障害をお持ちの当事者の立場の方と一緒に来られた方とで、簡単な質問に対して手のひらに「○」「×」を書いて答える流れを一緒に行いました。ご本人が微かに指を動かして書いている感覚がわかると喜びの声があがりました。僕の職場の利用者さんもいらっしゃっていて、僕も一緒に「○」「×」ではじめて会話をすることができたので感動しました。
                      見た目には知的障害があると言われている人の中に、実は自分の思いや考えを表現できる方法が今はまだ見つかっていないだけの人がたくさんいるのだろうな、と改めて思いました。
                      今回でわがまち楽習会全3回が無事終了しました。はじめてイベントの主催を経験してみて、開催側の大変さも面白さも知ることができて、文字通り楽しく学ばせていただきました。ご協力いただいたすべての皆さんに感謝です。
                      またぜひ何かやりたいと思いますので、その時はまたお知らせさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

                      次回の上映会&講演会は、2/19八王子で行われます。
                      それではまた〜☆
                      | 赤 正和 | - | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |