怒りに対して
0
     

    こんばんは!カントクの赤崎正和です。

    今日もみなさん「ちづる」HPへお越しいただきありがとうございます♪

     

    今日は新任職員のための研修に行ってきました!(この春、知的障がい者の施設に就職しました)

     

    「暴力への対処法」というテーマで、職員同士でシミュレーションを行う時間がありました。

    僕は児童養護施設の職員を挑発する男子高校生の役を演じました。

     

    テメーとかオメーとか言ってるうちに感情移入し過ぎて本当にイライラしてつい殴ってしまいました。(もちろんフリですよ、フリ!)

     

    もう終わって何時間も経つのに未だに頭に上った血がなかなか下りてこなくて…今日はなんだか変な気分です。笑

     

     

    もしも怒りが爆発している人がいるときは向き合ったり無理やり止めようとしたりせず、その人と少し距離をとった方がいいらしいです。

     

    怒りの感情を真正面から受け止めようとすると、かえって相手をエスカレートさせてしまうんですね。

     

     

    そういえば昔、妹とよく取っ組み合いのケンカばかりしていた頃を思い出しました。

     

    原因はほぼチャンネル争いです。笑

     

    向こうは爪で引っ掻いたり思いっきり噛んできたりするので僕も本気で対抗しました。

     

    頭にきてつい力任せに痛めつけてしまうと、今度は3倍くらいで返ってきます。そういうときの妹は殺気立っていてまるで猫娘そのものです。こわい。

     

    妹が怒ってるときの攻撃への執着心はすごいです。長時間の格闘の末、こちらが疲れ果ててしまっても妹の怒りは決してとどまるところを知りません。

     

    結局、毎回僕が折れました。自分の部屋に逃げ込んで扉を閉めて入ってこられないようにします。そこで妹が落ち着くのを待つのです。

     

    最初は扉を蹴ったり怒鳴ったり泣いたりしますが、怒りの対象が目の前から消えると次第に静かになります。しばらくすると猫娘は人間に戻ります。

     

    相手の興奮を抑えたかったらサッと逃げる。これ大事ですよね。

     


     

    さて、明日はいよいよ引っ越しです☆

    無事に終わるといいけど…。

    どうなることやら。

     

    それではまた!

    | 赤 正和 | - | 22:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    神奈川新聞見ました。
    個別支援級に通っている
    息子がいるので
    是非、映画観させていただきます!
    | 四十路けいこ | 2011/06/08 10:03 AM |
    >>四十路けいこさん

    ありがとうございます!ぜひ観ていただきたいです♪
    たかPの日記読ませていただきました。感動したとかそんな安っぽい表現はしたくないですが、お母様のたかPへの愛をたくさん感じました。この日記は同じような境遇の親御さんたちを力づけるとても価値あるものだと思いました。ありがとうございました!
    | 赤崎正和 | 2011/06/16 7:46 PM |









    http://blog.chizuru-movie.com/trackback/3