東広島市
0
    今日は東広島市で上映会&講演会がありました。
    東広島市と東広島市自立支援協議会が共催で、「あいサポートフォーラム東広島」というイベントの中で行われました。午前の上映会では150名、午後の講演会は50名ほどいらっしゃいました。
    お子さんと家族連れで来ていただいた方やきょうだいの立場の方、福祉のお仕事をされている方にお越しいただきました。

    講演会は一時間半といつもよりかなり長いので、ネタを総動員させなければ!とあれこれ詰め込みました。講演前、話の整理のためにメモを書いていると、自分の人生色々あったんだな〜としみじみ思いました。
    振り返ってみると、自分の原点は子どものときにあるのだなと気づきました。友達の間で「シンショー」という言葉が飛び交う中、ヘラヘラ苦笑いすることしかできなかったこと。妹に障害があるということを話したら気まずい雰囲気になってしまったこと。そのとき感じた自分の不甲斐なさや悔しさがあったからこそ今の自分がある。もし当時の自分に会えるなら感謝を伝えたいなと思いました。
    そして本番!なんとか時間内に全部話せるように、と少し焦りながらお話していたら、なんと30分も早く終わってしまいました^_^;
    その後の質疑応答で何人か手を挙げてくださり、色んな方向に話が膨らんだのでありがたかったです。
    東広島市健康福祉部の皆様、東広島市自立支援協議会の皆様、ありがとうございました!


    今回前日広島入りしたときに主催者の方から広島のソウルフード・お好み焼きをごちそうになりました。あまりにも美味しかったので、次の日も新幹線に乗る前にまたお好み焼きを食べました。
    「広島焼き」というと広島の人はムッとするらしいです。今まで食べてたものと比べると、あんまり粉っぽくなくて野菜や肉など具沢山、麺も多めな印象でした。
    広島にはそこらじゅうにお好み焼き屋があって、主催者の方は毎週食べるというし、飲みのシメはお好み焼きかラーメンかというのがフツーらしいです。広島人のお好み焼き愛を感じました。

    あと、「この世界の片隅に」を観たときも思ったのですが、広島弁はイイですね。響きがやさしくて心が和みます。本場の「〜じゃけぇ」を聞いて、話している人がたとえおじさんでもなんだかかわいく感じられました。
    またいつか広島でゆっくりしてみたいです。

    最後にしつこいようですが、もう一度告知させてください。
    神戸での上映会まであと一週間。まだまだお席ございますのでぜひ!
    (チラシ作ってみました)

    12/23(土・祝)神戸・元町映画館にて上映&トークイベントが開催されます。
    現在開講中の「池谷薫ドキュメンタリー塾」の番外編プログラムとして「ちづる」の上映、池谷薫監督と赤崎との師弟トークが行われます。
    制作秘話や映画その後のエピソード、たっぷりお話します!皆さまぜひお越しください!
    【日時】
    12/23(土・祝)13:00〜と16:00〜の2回上映
    両回とも上映後トークショーあり
    【会場】元町映画館 2Fイベントルーム
    【主催】元町映画館
    【参加費】2,000円
    【お申し込み】
    お名前・電話番号・ご希望の回(13:00〜or16:00〜)を下記のメールアドレスまたは店頭・お電話でご連絡ください。
    Mail: event_motoei@yahoo.co.jp
    Tel: 078-366-2636
    元町映画館ホームページ
    http://www.motoei.com/topics.html
    ご来場お待ちしております!
    それではまた〜☆
    | 赤 正和 | - | 19:04 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    今日、大学の講義で「ちづる」を観ました。
    わたしはリハビリへ進む勉強をしています。
    なんと言えばいいかわからないけど、
    観れてよかったと思いました。
    ありがとうございます。
    | はじめまして | 2017/12/21 4:18 PM |









    http://blog.chizuru-movie.com/trackback/174