横浜
0
    11/18は横浜で上映会&講演会がありました。
    神奈川県の横浜市、横須賀市、川崎市、相模原市などにある福祉施設の職員の方の研修として企画していただきました。

    日中活動支援部会という団体の方が主催で、名前の通り皆さん障害を持っている方の日中支援をされています。
    今回、普通はなかなか見ることのできない家庭の中の様子や家族の立場からの視点を知るために題材として「ちづる」を選んでいただきました。
    「家族の思い」ではなく、「家族から見た本人」についてだったので、今回の講演はいつもと少し違う内容も話さないといけないなと感じました。
    「家族として妹のことをどう思っているのか」、改めて整理してみて、少し岩室先生のご講演も思い出しながら、今思っていることをお話してみました。↓


    撮影当時は、「引きこもりしてないで早く外に行った方が良い。何十年もこの生活をして母が面倒見れなくなった後困る。」そう思って母にもガンガン言ってました。

    福祉の仕事を始めて現状を知ると、少し考え方が変わりました。現場の職員は利用者さんの数より少ないため、どうしても団体で行動することが多いです。一人一人の思いに応えられない心苦しい瞬間もあります。でも皆で一緒に何かをするのが好きな人にとっては楽しめる場所だと思います。「施設の生活やリズムに合う人合わない人いるよな〜。妹はなんかあんまり合わなそうだな」と思うようになりました。

    それから、仕事をしていてよく耳にするキーワード。
    在宅から福祉サービス利用へ。施設から地域へ。
    「そうだ、地域や町ってなんかあったかそうでイイじゃん。地域に居場所があれば!
    未来のために地域交流が大切なんだ!できることからやっていこう!」
    そう思って仕事をしています。
    …でも地域って、具体的になんなんでしょう?近所のおじちゃんおばちゃんたちとどんなふうに生活するのでしょうか?あまりイメージが湧かない…。

    もう一度家族の立場に戻ってみます。嫌がっている妹を無理やり施設に入れるのか?福祉の現場の切迫さもわかった今、なかなかそこに踏み出せない親御さんの不安や心配になる気持ちもわかる気がします。

    在宅、施設、地域…。障害を持っている人の生きにくさは、はたして場所の問題なのでしょうか?
    ただ、どこかに所属できればいいのでしょうか?

    結局のところ、本人が安心感を得ながら生き生きと暮らせていければいいと思いますが…。
    そのために必要なことは…?

    これは人間関係の問題なのだと思いました。
    家族とか施設職員とかに関わらず、信頼できる人が身近にいればその人は安心して暮らしていけるのではないでしょうか。
    その人が誰かと信頼関係を結んで生きていけるのがわかれば、親御さんも大丈夫だなと安心して子離れできると思います。
    個人と個人との間に信頼関係が成り立っているか。
    それを抜きにどんなに仕組みの話をしてもなんだかちがうような気がしました。
    個人と個人で良い付き合いをしている人がいれば、そのまわりの人たちへと人間関係がじわじわと広がっていくこともあると思います。
    在宅だろうが施設だろうが地域だろうが、最後は人と人なんだ。
    そういう意味では、妹は信頼できる人がいて恵まれているかもしれないなと思いました。

    改めて、施設職員の立場に戻ってみて利用者さんとどう向き合うべきか考えてみました。
    もちろん地域とのつながりは大事だけど、その前にはたして自分はちゃんと利用者さんと心でつながっているだろうか?
    今はまだまだなんだろうなという気がします。
    職員/利用者という関係性はなんとなく不自然で、ときに窮屈だな〜と感じてしまうのですが、そんな中でどう関わっていくべきなのか?
    自ら職員という殻を破って心を開いて人間同士で付き合おうとする。利用者さんに人として信頼してもらえるようになる。
    そういうふうに地道にやっていくしかないなと思いました。

    ↑と、こんな内容をお話してみました。
    言うは易く行うは難し…。いざ現場に戻ってみると流されがちになってしまいますが、また気持ち新たにがんばってみようと思います。
    なんだか今もうまくまとまっていませんが、これまで考えたことのないテーマだったのでとても良い機会をいただきました。

    上映会終了後は懇親会に参加させていただき、楽しい時間を過ごすことができました。
    日中活動支援部会の皆さま、ありがとうございました!

    今回で今年の自主上映会は最後でした。本当にたくさんの方にお世話になりました。ありがとうございました。
    次回の上映会&講演会は来年1月です。
    それではまた☆
    | 赤 正和 | - | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.chizuru-movie.com/trackback/148