平塚
0
    今日は平塚で上映会&講演会がありました。何度も上映会を開いていただいてお世話になっている進和学園の方が主催で、130名の職員の方々にご覧いただきました。


    上映会前に会場のしんわルネッサンスという施設の仕事場を見せていただきました。

    ホンダの車の部品などを作る工場。写真に収まらないほど広くて迫力がありました。部品の長さなど細かい設定を作業される方にわかりやすくするために一人ひとりに合わせた道具を使って工夫したりして、働きやすさと高い品質を両方実現させていることがお話を伺ってわかりました。

    3トンまで運べる巨大エレベーター。スゴイ!

    部品工場のほかにも食品製造だったり、クリーニングだったり、さらには植樹だったり…いろんなお仕事や取り組みが行われていて、利用される方はたくさんの選択肢から自分の働き方・生き方を考えることができるので素敵だなと感じました。


    上映会の後記念写真をパシャリ。
    進和学園の皆様、またお会いすることができて嬉しかったです。本当にありがとうございました!

    次回の上映会&講演会は12/12横浜市南区で行われます。
    それではまた〜☆
    | 赤 正和 | - | 21:22 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    はじめまして。
    映画を何度か観させていただきました。

    赤崎さんは『自閉症の僕が自閉症の僕が飛び跳ねる理由』という本を御存知でしょうか。

    重度の自閉症と診断された方が書いたエッセイで、著者は訓練の結果、文字盤で会話が出来るようになりました。
    NHKの『君が僕の息子について教えてくれたこと』という番組でも取り上げられています。
    (ゴーストライター疑惑を払拭する為にも、まずはこちらを御覧になったほうがよいでしょう)


    自閉症スペクトラムと言われるように状態は人それぞれでしょうけど、意志の疎通が出来るのは自閉症の方々の生きやすさに大きなプラスになると期待しています。
    (勿論、誰でもすぐに習得出来るものではないのだろうとは思いますが…)

    そういった関係者との交流のある赤崎さんは既に御存知かも知れませんが、何かお役に立てばと思い書き込みました。


    それでは、寒くなってきましたので赤崎さんも御家族の皆様もご自愛ください。
    | ニーヌ | 2014/11/24 11:35 AM |









    http://blog.chizuru-movie.com/trackback/127